無料ブログはココログ

nissan JUKE ジュークのパーツ

2012年2月26日 (日)

JUKE バックフォグの基本回路

JUKEやX-TRALなど、バックフォグ・ランプの現地点灯方式や回路図(後付Kit)など、多くのお問い合わせを頂いております。・・・他のパーツ類もね。

ZやINFINITIの欧州仕様なども、同じような商品をKit化して販売していますが、多くは同じような回路・点灯方式を取っています。

現地では、主に左ハンドル車が主になりますので、パーツの流用は出来ません。それはバックフォグのSWが、ライトSWと一緒になっているからです。点灯のモニターはスピード・タコメーター内で表示されます。

ここでのライトSWは、右ハンドル仕様の英国仕様を流用可能ですが、コラムカバーなど必要なパーツを用意すると、2万円以上の出費がかかってしまいます。電源供給の回路やメーター内の点灯表示も、BCM回路からの配線が追加必要となります。

費用・回路の複雑化(年式別にも解析が)など問題が山積するので、また、法規の改定や追加など道交法の方式に沿うよう、改良を重ねてきました。点灯のSWは、電源が常時通電したままにならないように、プッシュ式を採用。 点灯のモニターは、SW部で可能なように簡素化(LED表示)。 また、バックフォグのマークも国際正規ロゴを使用しています。

下記、初期版の基本回路図と改訂版の回路図を、参考にここに公開しました。

■ 初期の基本回路図(JUKE)

Juke_01

■ 改訂版の基本回路図(JUKE)

Juke_02

2012年2月23日 (木)

成田の通関 米国日産の最新・アパレル商品など

ちょっと久し振りに、成田空港の倉庫(保税地区)に行きました。

通関ですが、ここのところ横浜港・お台場など、港への通関ばかりでした。

本来、FedexやUPS・DHL・EMSなど、ドアーtoドアーで納品の先まで届けてくれますが、時として、本人(注文主)が通関・申告に出向かなくてはならない時も有ります。

今回は、輸入金額の違い(高くなっていた)や数量など、問題が発生しました。このままでは、通関代行手数料や消費税・関税など高く支払ってしまいます。 後日、不服申し立てなど修正も可能ですが、面倒な手続きや時間・各書類の提出など・・・めっちゃ面倒です。

昨今、個人輸入や代行輸入などご経験があるかと思いますが、間違ったパーツが届いたり破損があったりなど、トラブルを多く聞きますが・・・対処には相当の根気が必要かと。

私の場合は、UPSでしたがインボイス(納品明細書)をFAXで送って頂き、見たところ購入価格が2倍近くになっていたので、すぐに通関の中止指示。 その日の夜に米国日産側の担当者David(デイビット)へメールを送り、正しいインボイスを添付していただき、それを持って翌日(22日)に通関申告に行きました。

申告やインボイスが異なっていると、立ち会いで荷物の開封検査が有ります。面倒ですが代行業者などが間に入ると、別手数料が発生します。購入費用はどんどん値上がりいたします・・・・。(港の場合、荷物が大型なのでレントゲン検査が有ります。)

まっ、何とかよけいなことは言わないで無事に通関完了しました。商品は順次、販売をいたします。試験的に輸入した商品(数量が少ない)も有りますので、お早めにお買い求めください。・・・次回と思っていたら完売していたこと も有りました。

P001_3

P003 

2011年10月25日 (火)

JUKE ジュークのパーツ到着

ようやく、JUKE(ジューク)のパーツ(米国日産製品)が届きました。 本来なら航空便で輸入しているのですが、日産ディーラー・担当側の手違いで、他の大型パーツと共に船便での混載に出荷されてしましました。

現地、米国NISSAN側の良い担当者に当たることはなかなか無く、言葉の問題だけではないニアンスの違いや、日本的な常識は期待しない方が賢明でしょう。

JUKEの2種類のパーツを、こちらへ紹介いたします。

  1: リアーバンパー・アッパープロテクター 

  2: クローム・車体サイドモールディング  

もうバックオーダーでの完売状態などもあり、追加のオーダーは航空便で依頼しました。現在、パーツの輸入だけでは無く、INFINITIの輸入依頼や、お見積もりなど新型車の情報や、米国・欧州など多岐に渡りNISSAN車なども同様に、検証。 欧州日産へのオーダーも始まりました。

超円高やユーロ安などを背景に、今後パーツだけでは無く、車両の輸入・販売も多種に成りそうです。横浜までの走行中に、2012年モデルのINFINITI・FX(新色・Newグリル)やJUKE・CUBEなどの積載車をベイブリッジで見かけました。

018_2