無料ブログはココログ

« Zは偉大なり。そのクラブも。 | トップページ | JUKE バックフォグの基本回路 »

2012年2月23日 (木)

成田の通関 米国日産の最新・アパレル商品など

ちょっと久し振りに、成田空港の倉庫(保税地区)に行きました。

通関ですが、ここのところ横浜港・お台場など、港への通関ばかりでした。

本来、FedexやUPS・DHL・EMSなど、ドアーtoドアーで納品の先まで届けてくれますが、時として、本人(注文主)が通関・申告に出向かなくてはならない時も有ります。

今回は、輸入金額の違い(高くなっていた)や数量など、問題が発生しました。このままでは、通関代行手数料や消費税・関税など高く支払ってしまいます。 後日、不服申し立てなど修正も可能ですが、面倒な手続きや時間・各書類の提出など・・・めっちゃ面倒です。

昨今、個人輸入や代行輸入などご経験があるかと思いますが、間違ったパーツが届いたり破損があったりなど、トラブルを多く聞きますが・・・対処には相当の根気が必要かと。

私の場合は、UPSでしたがインボイス(納品明細書)をFAXで送って頂き、見たところ購入価格が2倍近くになっていたので、すぐに通関の中止指示。 その日の夜に米国日産側の担当者David(デイビット)へメールを送り、正しいインボイスを添付していただき、それを持って翌日(22日)に通関申告に行きました。

申告やインボイスが異なっていると、立ち会いで荷物の開封検査が有ります。面倒ですが代行業者などが間に入ると、別手数料が発生します。購入費用はどんどん値上がりいたします・・・・。(港の場合、荷物が大型なのでレントゲン検査が有ります。)

まっ、何とかよけいなことは言わないで無事に通関完了しました。商品は順次、販売をいたします。試験的に輸入した商品(数量が少ない)も有りますので、お早めにお買い求めください。・・・次回と思っていたら完売していたこと も有りました。

P001_3

P003 

« Zは偉大なり。そのクラブも。 | トップページ | JUKE バックフォグの基本回路 »

nissan JUKE ジュークのパーツ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。