無料ブログはココログ

« 米国LA内のショッピング | トップページ | JUKE ジュークのパーツ到着 »

2011年10月 7日 (金)

INFINITI とNISSANの米国事情

帰国後のやや多忙と、現地よりの出荷などメールや確認事項など、月末も重なり書き込みが滞りました・・・。 再渡米も急に予定しましたが、送った車両の入荷(本牧より入国?)も有り再渡米は断念しました。・・・・どうしても会っておきたい友人がいたのですが。

 1週間ほどの訪米でしたが、現地のNISSANディーラーや、INFINITIディーラーの近況・感想など私個人が感じた、現地事情をお伝えいたします。

 爆暑の日中でしたが、雨が降ると格段に寒い・・・。NISSANの各ディーラーには、在庫車が少なく、新車も中古車も人気車が極端に少なかった。 現地の友人やセールスに聞いたところ、渡米週の先週まで販売セールスを展開していたため、在庫車が減ってしまい、米国日産からの供給も遅れているとの事だった。

 Stillen社にて、スティーブミレンと話した時も、NISSAN車の販売は好調だと言っていた。ここで車を売っているわけでは無いけど、彼からの質問の多くは、原発の被害と収束の事だった。

 INFINITIのディーラーは豊富な在庫を持っていた。新車であるが、1件で100台以上の新車在庫を保管していた。M35h(ハイブリッド)が約10台。G37IPLも10台近く有った。 これらは、1件のディーラーである。 中古車は少なかったが、常時オークションからの入荷は可能だと思う。

 パーツのマネージャーと話したが、サプライヤー(部品の供給)が滞っているようだった。 ちょっと驚いたのが、整備工場の方で、やたらとダッシュボードが各部に転がっていた。交換をしているようだ。 たぶん、FX(S50系)の不良発生をしていると思う。 その他にもリコールは聞いているが、現地米国内だけの対応である。 日本に入った車両は対象外となる。1990年代ごろまでは、全世界でNISSAN車は、共通の保証が受けられてたのだがね・・・。 

 総括の感想として、NISSAN車は健在なり。 2~3年のここ事情で、閉店していたNISSANディーラーが場所を変え、再開店・営業をしていた。 ただ、高速道路などでGTRや370Zの走行を見かけることは無かった・・。 CUBEは、確実に増えている。JUKEはCA内ではやや人気が無いようだが、ニューヨークなど東側では、販売好調のようだった。

001

« 米国LA内のショッピング | トップページ | JUKE ジュークのパーツ到着 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。